【依存的な恋愛をやめる方法 第2章】

【依存的な恋愛をやめる方法 第2章】

【依存的な恋愛をやめる方法 第2章】
【依存的な恋愛をやめる方法 第2章】

image

こんにちは。
心の調律師、末廣 真證です。

さて、【依存的な恋愛をやめる方法 第1章】(リンク)に引き続き
【依存的な恋愛をやめる方法 第2章】です。

前回にお話した依存的な恋愛になる原因は
「過去の両親との関係」
そして
「思春期の自分の行動」
によって依存的になるというお話しをしました。

では、今回はその対処法についてです。

まず前回お話した「無価値感」が大きく
影響しています。

この「無価値感」が強いと、お付き合いして
いる人や好いてくれる人がいると

「こんな私とお付き合いして(好きになって)くれる人はこの人しかいない!」

という気持ちが強くなり、
すでに「不安」を最初から抱いてしまうのです。

例えば失恋した時、そばにいて励ましてくれたり
した人を、いつの間にか好きになってしまったことはありませんか?

「失恋した」
  ↓
「自分を責める」
  ↓
「無価値感」
  ↓
「そばで励ましてくれる異性登場」
  ↓
「自分に自信を与えてくれる」
  ↓
「この人がいないとダメ。」(←既に依存。)

と大まかな流れですが、こんな感じです。

では、どうするか?

すぐにその依存的な恋愛から抜け出すのは
とても困難です。

もう癖になっている人も多いので、その癖
を治す事が必要になります。

しかし、その癖を治すことは必ずできます。

では、ここからが対処法です。

1、意欲を持つこと。

「こんな恋愛はしたくない!」
「もっと素敵な自分でいたい!」
「自信をつけたい!」

と自分を今の状況から変える為には、
心、言動、態度を変えていくのが必要
です。

要は自分の恋愛スタイルを変えていく
ことが大切なのです。

2、「何故?」を使い、セルフカウンセリングをする。

「自信がない。」
  ↓
「何故自信がないの?」
  ↓
「何かしてもらわなければ褒めてもらえなかった。」
  ↓
「何故そうなったの?」
  ↓
「昔好きだった人がわがままだったから。」
       or
「母親、父親が厳しかったから。」

と、いう感じで答えが浮かばなくなった所でOKです。

3、2で最後に出てきた人に注目します。

ここでは、両親または昔好きだった人になります。

この人物はあなたにとって重要人物になります

あなたが知らず知らずに執着していたり、怒っていたり
傷付いていたり、そんな気持ちを解放する事が大切です。

4、解放する。

心の中で影響を与えていた人にその時言えなかった、
言葉や気持ちを手紙に書いてみましょう。

書き始めは「バカやろうっ!お前のせいで…」という
感じで書いてみましょう。

この手紙を出す必要はないので、この書き出し以降は
自由に自分の気持ちを書いて表現してみましょう。

5、自信を取り戻す。

手紙を書いて自分の感情を吐き出すと
心が軽くなるのを感じるはずです。

今度は心に余裕が出てきたら、その隙間に
愛情を入れてみましょう。

毎日続けられるエクセサイズで
「自分を褒める。」
というものがあります。

「自分を褒める」=「自分が好きになる」=「自信がつく」

になります。

一番良い時間帯は夜に、お風呂に入った後の
リラックスしている時に行うのが理想です。

鏡を見て、

「今日もお疲れ様。頑張ったね!よくやったね!」

という感じで自分が普段言ってもらいたい事を鏡を
通して自分に言ってあげて下さい。

6、実践

パートナーがいる人は、一度伝えたい事、自分が
思っている事を、素直に伝えてみる事です。

これは相手に合わせて、手紙でもLINEでも良いです。

しかし、ちゃんと相手の事を尊重しつつ話す事が大切です。

この実践をチャレンジする事により、自分に自信が付き
「自分の気持ち」を大切にする事が出来ます。

しかも、これは相手の真意を掴む為にも有効です。

あなたの事を本当に愛している人ならば、ちゃんと
受け止めてまた一段と素敵な恋愛に発展する事がで
きます。

相手もあなたの気持ちがわかれば、もっと心の疎通が
できてお互いがお互い、依存すること無く尊重しかけ
がえのない存在になれます。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
私の心理カウンセリング&セラピーを受けてみたいと思った方はご連絡下さい。
一緒に幸せを見つけていきませんか?
人生は少しの行動で、180度変わっていきます。

あなたとご縁がありますように。

【依存的な恋愛をやめる方法 第1章】(リンク)